21歳デリ嬢の援デリ日記

私は出会い系サイトを使って援デリをしている。
まあ、娼婦だよね。援デリしてまーすっていうよりも、
職業は娼婦ですって答えたほうが、
かっこういいっていうのはただの個人的な美学というか、
ただの考え。それ以外の何物でもない。
あはは。本当に笑っちゃう。
この仕事にかっこういいもくそもないのに。
誰もやりたがらない仕事だよね。
社会にとって必要で、昔からあって、
多分一番歴史の長い仕事だけど、まったく尊敬されない。
むしろ、侮蔑と差別と見下された視線を与えられる。
そんな仕事。まあいいよ。
別に人に尊敬されるために働いているわけじゃないもん。
開き直っている。でも私ももう21歳。
21歳で娼婦って、そろそろ活動をやめるとき。
引退のときなんだよね。
娼婦の中ではおばさんな年齢だもん。
もちろん実年齢を客にいうわけがないけど。
そんなこといったってなんのメリットもないし。
名前だってデタラメ。出身地も嘘。
年齢だって、お客の好みによって18歳になったり27歳になったり、
本当にデタラメでなんでもあり。誕生日だって適当。
住所も嘘。
家族構成も生い立ちも過去の話も全部、将来の夢だって、嘘。
嘘ばっかり。これだけ嘘をついていると、
本当のことを忘れてしまいそうになる。
嘘の材料は真実なのに、その真実を忘れてしまえば、
元も子もない。
何が嘘で何が本当かわからなくなってしまうことが、一番怖い。
私は自分の誕生日を思い出せない。
だから、知りたくなったときは、どうしようか。
どの書類をみればいいのだろうか。
免許証も保険証も持っていないから確認のしようがない。
親とは絶縁状態だし。兄弟はいないし。
誰が私を私だって証明してくれるんだろう。

ダメ!絶対!円光