パトロン募集

私には好きな女性がいます。その子は喫茶店で働く女性です。喫茶店は家族で経営している事もあって、私はその喫茶店では常連客でもあり、その店の主人とも仲がいい関係です。

「今日もいらっしゃい。悟君。アメリカン用意しておくよ。」「ありがとう。」「悟ちゃんの会社順調みたいだね。この店も、もう少し売上が良かったら閉店しないですむのにね。」「閉店するんですか。」「私が高齢もあるけれど、娘が今度結婚しちゃうんだよ。」「えっ、芽衣ちゃん結婚するんですか。」「そうだよ。」私はその言葉ですいつも美味しいコーヒーが特に苦く感じした。

そんなある日、店以外で芽衣さんとばったり会いました。「芽衣さん、結婚するんですね。おめでとうございます。」「うん。」その表情は嬉しそうな感じではありませんでした。「何かあったのですか。」「実はその結婚、喫茶店の借金返済のためにする結婚なの。店がずっと赤字で、その人と結婚すれば借金返済を代わりにしてくれると言われて。」
パトロン
その言葉に驚きました。そして、その事は両親も知っているとのことです。「芽衣さんパトロン募集してませんか。」「パトロン募集ですか。」「もしパトロン募集していたら私が喫茶店パトロンになります。もちろん、借金も肩代わりしますがある程度私が喫茶店に口を挟むのでそれはご理解してください。」「えっ、悟さんが何故。」「正直に話ます。私芽衣
さんのことが好きです。他の人に取られたくないです。だけど、結婚して下さいは言いません。あなたを見守れたらそれだけでいいです。」「私、悟さんのことがずっと気になっていました。」その言葉に私は驚きました。そして、芽衣さんは婚約を解消し喫茶店は改装をして、今流行りの物も取り入れだんだん黒字になっていきました。そして、私は今芽衣さんと婚約をしています。
パトロンの見つけ方
パトロンの探し方