お金くれる人

大学に通っています。バイトはしているけれど学業が忙しくあまり働けていません。そのせいか、親にお金の援助をして貰っています。大学の学費まで払って貰っているのに甘えん坊な私です。

ところが、サークルや友達と遊んだりと学業よりも遊びを優先してしまい、ついに親が送ってくれるお金も無くなってしまいました。次にお金が振り込まれるのはあと2週間先。冷蔵庫の中身はほぼ空っぽ。誰かお金くれる人いないかなと思い携帯で調べてみました。すると、パパという言葉が出てきました。Hな事はしなくてもお金くれる人いるかなと思いながらとりあえずパパを探してみると、大抵の人はH目当てでしたが、食事だけでも良いと言ってくれるパパを見つけ、今すぐお金が欲しかったのですぐその人に会うことにしました。
お金くれる人

「一回の食事で1万でいいかな。」「はい。」いきなりの金額を告げられ驚きそして、嬉しく感じました。彼の名前は吉田さん。50代。独身ということもあって一緒に食事行ってくれる彼女を探していました。お金には困っていなくお金くれる人を探している相手なら誰でもいいと言っていました。そして、会った日に一緒に食事をし、時間も遅かったので短時間で解散になりましたが1万円を本当にくれました。楽して手に入るお金に私は感動しました。その後も吉田さんと月3のペースで食事をしました。最近では外歩くとか手を握られたり、カウンターに座ると足に触れてきたりスキンシップが増えてきました。お金の為だけど今後が心配です。
クリ拷問
電マ